株式投資で初心者が損しないために

 

みなさんは、株式投資に興味はありますか?

 

株式投資を経験したことのない人には、「そもそも株式投資とは何?」と疑問ですよね。
簡単に言えば、「ある会社の株を購入して利益を図る」資金運用方法になります。

 

それでは、株式投資で、どのように収益が上がって、どんなコストがかかるのでしょうか。
預貯金の場合、利息の収入と税金だけを意識しますよね。しかし、株式投資の場合には、支出と収入の経路がいくつかあるのです。

 

株式投資で得られる収益は、「値上がり益」「配当金」が、挙げられるのです。

 

「値上がり益」・・・保有している株式を売った時に、売った価格が購入した価格よりも上回った場合に得られる収益。
          投資元本そのものが、拡大するととらえられています。

 

「配当金」・・・投資した会社から株主へ支払われるもの。
        通常、配当金は「一株当たり○○」という形で支払われて、支払われる回数は、年に1〜2回がほとんどになります。
         注意しなければならない点は、配当の金額や時期が、会社により異なること、会社側の都合により配当のない場合もあることなのです。

 

また、配当金とは異なるのですが、似たものに「株主優待」というのがあります。
株主優待とは、自社の製品や割引券などの現物の配当で、上場企業の約1,000社が採用しているのです。
持ち株数に関係ない場合がほとんどで、"おまけ"のような位置づけになります。

 

株式投資において、この"収益"をより上げることが目標になるのです。
「値上がり益」と「配当金」は、まったく別物のように感じるのですが、本質的には同じことになります。

 

初めて株を売買する人でも利益を出せるコツというのは、焦って行動しないことです。

ずっと気になっていた株の銘柄が急騰しているといって急いで買い付けに走ると大抵は高値掴みという結末を招いてしまいます。

どのような高騰の理由があるのか、暴騰しているのではないだろうかと株を買う前に一度深呼吸して分析検討してみましょう。

株については初心者が基礎知識習得のためにすべきことは、まずは本で株式投資について学び、一定の評価を得ている本を5冊以上読まなければならないと思います。

株式投資についての本を五冊くらい読めば、読破した本の中の共通する部分は株式投資をする上で必須だということがわかるからです。

株に投資する事において、充分な時間を確保できることは必須な要素です。

日本最大の株式市場である東証が開いている時間は午前9時に始まり午後3時に終えるので、更に良い値段で株を売買するためにはこの時間に、時間が取れるというのが望ましいのです。

この点で奥様方は、初心者であっても好都合な立場で、株への投資が出来ると言えるでしょう。

私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、よく知らないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。

はじめはまったく利益が上がらず、含み損で苦しんでいたのですが、いまでは経済が明るくなったのか、私の手法がうまくなったのか利益があがるようにうまくなりました。

株の空売りをする株式投資のビギナーは少ないと考えられています。

無理ないことかもしれませんが、株式投資を長期間続けていこうと意識しているのなら、使えるようにしていおいたほうが良い技術だといえます。

その理由は、空売りについて理解するということは買うほうの気持ちを理解するとともに、売る側の気持ちについても考えるようになり、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。

株を始めた人から上級の人まで必ず確認しないといけない数値が日経平均なのです。

日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本を代表する全225社の株価を平均したものをいいます。

初めての人でも毎日のように続けて日経平均をチェックすれば、株価の大きいトレンドがつかめるようになってくるでしょう。

円安の意味とは、他国の通貨より円の価値が相対的に下落することを指します。

一般的には円安の状態になると株が上がりやすくなる傾向があるようです。

輸入により商売をしている企業の場合には輸入コストが高くついてしまい収益が減ってしまう結果になってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は上昇します。

自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、業績が向上して、株価の上昇につながっていくのです。

初めて株取引をされるなら確定申告のことを配慮して、源泉徴収ありの特定口座を開設することをご提案します。

手間のかかる確定申告の作業や調査に費やす時間をなるべく減らして、かわりに、株式投資のための情報を集めることに労力を使うことができるからです。

株の売買の方法には、現物株以外にもいろいろな投資方法があります。

オプションもその中の一つです。

オプションには買う権利であるコールというものとプットという売る権利とがあって、おのおの売買でき、この四つのパターンを組み合わせることによって、自由自在に投資の戦法が組めるデリバディブ投資なのです。

かなり魅力のある投資の方法ではありますが、十分な知識がいることでもあります。

信用取引というのは現物株や現金を担保として資金以上の取引や空売りができることが大きい特徴といえます。

特に空売りは下落相場の場合に大きい力を発揮し、うまく利用できれば相場が上げ方向でも下げ方向でも稼ぐことができる武器となります。

しかし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金の管理を慎重にすることが大事です。

株に詳しくない方だけでなく、株式投資をする人の大部分はできる限り手数料が低いネット証券に口座を開くべきだと思います。

理由は、株式を売買する時の手数料が安くすめば株式投資の売買が至ってすばやくできるからです。

上昇や下落がどのくらいになるかを時間を追って確認するものとしてチャートを分析する投資家はたくさんいます。

例えていうと、大幅に上髭の伸びた株のローソク足はこれから、下降するのではないかと見て取ることができますし、ローソク足を分析することで、売買のタイミングを判断するのに役立ちます。

株投資で失敗しない方法などといった記事や本をよく目にします。

ですが、100パーセント失敗しないということなんてありません。

ただし、ちゃんと勉強して、ルールを考えて投資すれば、成功することもありえるのが株というものなのです。

失敗することに怯えたり、一回の失敗で諦めずに学んだ先に、株の楽しみが待っていると思います。

株の経験が浅い人はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌にのっているようなオススメ銘柄の中からよさそうな銘柄を選択し、投資するといいでしょう。

売買を繰り返して、少しずつ知っている銘柄の数を増やしていくことで、自分で利益が得られると思える銘柄を見つけ出すことができるようになるのだと思います。

株投資をする会社員は職場で働いている時は相場を見れないので、基本としてデイトレードのようなことはできないです。

なので、たくさんのサラリーマン投資家の方々は決算書を読み込み、割安株を探し出し、投資しているのだそうです。

NISAとは?株初心者の始め方

 

NISAの口座開設を考えているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としてはやはり証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という条件があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAをどのように使うのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株式取引を例に考えてみますと、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がないと参加は難しいですし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAの期間は2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

参考:NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

NISAの期間は最長5年までで、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。



金融庁ホームページ
許認可を与えたり監督する官庁です。
www.fsa.go.jp/